【志】気持ちを一つに、すべてはお客様のために。 “心”からの気持ちを、つなげていきそのつながりを絆に育んでいきます。

↓

しなやかな絆が編んでいくのは、豊かな「おもてなし」の時間です。

雲仙みかどホテルの「みかど門」。島原・普賢岳の噴火の際に倒れた巨木を使った門は、地域の復興と発展を誓うシンボルでした。噴火から20数年が経ち、この門は今、雲仙みかどホテルと地域のつながり、社員同士のつながり、なによりお客様とのつながりを象徴するランドマークとなっています。つながりから育まれる絆。そのしなやかな絆が編んでいくのは笑顔とぬくもり、豊かな「おもてなし」の時間です。

何度も訪れていただくお客様にも常に「新鮮な喜び」をご提供します。

当ホテルは「おもてなしの心」を基本に、さまざまな空間とサービスをご用意しています。温泉、劇場、日本一をめざすバイキング・・・。そのすべてを、奥深く幅広い魅力と個性で輝かせ、初めてのお客様はもちろん、何度も訪れていただくお客様にも「新鮮な喜び」をご提供していきます。人生の、季節の折々に、どうぞ「みかど門」をおくぐりください。私たちは心を込めて至福の時間を差し上げます。

海と山、島原の豊かな自然の魅力を最大限に生かしています。

広々と快適な温泉施設、自慢の料理バイキング。お客様の笑顔のために。